第2回関東野球フォーラムin船橋

2018年02月04日

 

第2回関東野球フォーラムを開催します。このフォーラムを機に、野球界と医療界が一体となって、野球選手の育成を考え実践していく機運を高められればと思います。フォーラムのゴールは「野球現場と医療の連携により野球指導の質向上」ですが、そのためには千葉県およびその周辺で野球現場のサポートができる人材育成のために必要なことは何かを明らかにする必要があります。今回のテーマは「野球指導の質を上げる」とし、このテーマの答えを導き出すために、勝つために必要な選手を育成するには何が必要なのかについて進めていきたいと思います。また、コンディショニングの討論では、野球動作に必要な動きづくりについて話を進める中で、野球現場が求める人材とは何かについて整理をしていかれればと思います。野球現場と医療現場の垣根を越えた討論により、何が必要なのか実践につながる討論になり活動につなげていきたいと思いますので、志のある皆様の参加をお待ちしております。 

指針(フォーラムの目指す方向性)
★野球現場と医療の連携による野球指導の質の向上
①千葉県とその周辺地域の活動につなぐ:異業種連携による選手育成
②若手の人材育成:次世代を担う野球指導者・医療人の活動の場づくり 
日時・会場201824日 15:0018:00 受付 14:30
セミナーハウスクロスウェーブ船橋http://x-wave.orix.co.jp/funabashi/JR船橋駅徒歩歩8 

対象・参加費/野球指導者、トレーナー、医療関係者など野球に関わる方々、定員60名              講習会参加費3,000円、懇親会3,000 

テーマ/野球指導の質を上げるー選手育成に生かすための基礎知識
①チーム方針と練習の在り方ー試合で使える選手を育てるには
②指導者に必要な医学知識ー故障と付き合いレベルアップするために 
プログラム
15:0015:30 高橋憲正:野球選手の傷害の病態と治療方針-
                選手生命を奪う傷害は何か1 医師の立場から
15:3016:00   高村隆 :野球選手の傷害の病態と治療方針-
                選手生命を奪う傷害は何か2 理学療法士の立場から
16:0016:30 笠原政志現場でのトレーニングの実際
16:3017:30   鳥山 泰孝:勝利の哲学とチームづくりー人間力の育成と指導の在り方
17:3018:00   討論:勝つためのチームづくりと体調管理

・演者でテーマの①②について討論
18:00~    懇親会(講習会と同じ会場)  
討論メンバー鳥山 泰孝(国学院大学野球部監督)
               菅谷啓之(船橋整形外科病院スポーツ医学・関節センター長)
        高橋憲正(船橋整形外科病院スポーツ医学・関節センター肩関節肘関節部門部長)
          高村隆(船橋整形外科病院 特任理学診療部長)
          笠原政志(国際武道大学体育科学科、准教授)
             能勢康史(野球コンディショニングコーチ、明秀日立・花巻東など) 
主催NPO法人肩肘疾患研究会
共催/NPO法人野球共育塾  
申込み参加を希望される方は「①名前、②所属(県・市を明記)、③職種、④連絡先(携帯電話・メールアドレス)、⑤野球との関わり、⑥懇親会参加の有無」を記入の上、1/28でに下記へメールをお願いします。尚会場の定員に限りがありますので、定員になり次第締め切らせていただきますのでご了承ください。 

連絡先/第2回関東野球フォーラム事務局 NPO-2nd-BBF@fff.or.jp